木の家工房松谷建築 の 

断熱・遮熱・壁面通気(土台パッキン工法)

 

    断熱材    

長期優良新築住宅・リフォームで使用する断熱材(床・外壁・屋根)

詳しくはクリックして頂ければ

製品詳細をホームページにリンクしています。

 ☆ネオマフォーム(旭化成製)   

 


☆ミラフォーム(JPS製)



☆ 湿気から土台を守る「床下換気措置」フクビ土台パッキン工法    

詳しくは  

?img2.gif

,泙此基礎と土台の「クサレ縁」を断つ。

■従来工法のスポット換気孔(切欠き工法)では基礎配筋の補強など、

面倒な工事が必要です。

   土台パッキン工法では面倒な切欠き加工が省略でき、

均質な強度のスッキリとした基礎まわりに仕上ります。

◆崟攘腓」無しで、スッキリした基礎まわり。

従来の床下換気孔は、スポット換気で 

湿気がコモリがちでした。

  土台パッキン工法では、ほぼ全周にわたる

スリット換気で湿気のコモリ部分がありません。

     「土台パッキン工法」は全周換気で

通気性能は従来工法の約1.4倍  です。

基礎コンクリートの水分が土台に浸透して、

「クサレ」の原因になって住まいの耐久性を著しく低下させてしまいます。

基礎と土台のあいだに通気層を設けて

基礎コンクリートと土台が

常に「ドライな関係」が保たれるように

すると住まいの耐久性が

大巾にアップします。(湿気から土台を守ります。)

 「安心」の強度・耐久性

強度は木材の3倍以上、耐久性は半永久的です。

また土台パッキンはポリプロピレンを使用しているため、

耐薬品性にも優れています。

土台パッキン25-R 

img3.gif

土台パッキン25-R・20の強度試

 験では圧縮に対しては10tの荷

 重をかけても異常がありません。

 また水平せん断に対する耐力は

 5tを越えて安全性が確認されています。

■土台パッキンは木材よりはるかに強度・耐久性に優れ、

しかも、基礎のコーナー部や柱下やアンカー部など、

 耐力が集中する箇所には、必ず敷設される工法です。

土台パッキン25-R自体が建物の耐震性を向上させる

 わけではありませんが、

その優れた物性が土台を支え、

しかも湿気による土台の腐朽を防止することで、

 地震に強く、耐久性に優れた住まいをつくります。

 耐震性の向上 

従来工法では切欠きのための型枠工事や基礎を強固に保つため、

換気孔廻りは斜め筋等により補強するなど

の工程が必要です。また、ねずみ等の侵入を防ぐため、

スクリーンなどを堅固に取付けるといった工事も必要です。

基準金利適用住宅

高性能準耐火構造の住宅、

長期優良住宅工事(割増融資)

長持ちする住まい、

その秘訣は「土台」の耐久性アップです。

  お施主様へ…

土台パッキン工法では、

換気スリットは外部に露出しない構造で

雨水が直接吹込むことも少なく、

工程がシンプル

(ねずみの侵入を防ぐ防鼠材もクギのみで連続取付け)

なのでトータルの建築コストに影響を与えません。

住宅金融公庫承認の「床下換気措置」

土台パッキン工法は、BL保険によって10年保証、

さらに損害賠償も永久的な保証対象となっています。

また、土台パッキン工法は住宅金融公庫承認の融資基準に対応しています。


 ☆ 遮熱シート 

 


 

top page